営業をがんばってもやめたいと思う理由【営業で天下を取る必要はない】

営業をがんばってもやめたいと思う理由【営業で天下を取る必要はない】

一般的には「キツイ仕事」と言われる営業職。

今お仕事をされている方の中にも、「辛い」「キツイ」「辞めたい」なんて思っている方も多いのではないでしょうか?

今回は、営業を辞めたいと思っている方や営業が苦手だけどもっと頑張りたいという方へのアドバイスをまとめてみました。

今悩んでいる方は、ゆっくりと落ち着いて最後まで読んでみてください。

営業をやめたくなる理由

セールスマン

そもそも、なぜ営業を辞めたくなるのでしょうか?

なぜ辞めたくなるのか、理由をきっちりと理解しておかないと、別の職種に移る際にあなたにぴったりの仕事につくことが難しくなってしまいます。

まずはもう一度自分自身の今の仕事を冷静に振り返ってみましょう。

人付き合いが苦手

社会人として働く上で、人間関係に悩んでいる人は多いですが、その中でも営業職は他の職種以上に人と関わることが多いです。

取引先や営業先などでの人付き合いであれば、気を使うことも多いですよね。

また、営業先だけでなく売上が上がっていない時や結果が出ていない時は、上司や同僚との人付き合いにも気を使うことがあります。

もともと人付き合いが苦手な人はより辛くなることもあります。

お客さんとのやりとりが大変

営業は、モノを売る仕事だと思われがちですが、僕は本質的にはそうではないと思っています。

営業とは、自分を売り込む仕事です。その中で、もっとも重要なのはお客さんとのやりとり、すなわちコミュニケーションです。

コミュニケーションはどんな仕事でも大切ですが、営業においては他の職種以上に重要です。

正直、お客さんとのやりとりが苦手な人には営業は向いていません。

クレーマーが多い

営業をしていれば、時にはクレーマーに悩まされることもあります。実はクレーマーには僕も何度も苦しめられました(笑)

こちらのミスで怒るお客さんには誠意を持って対応をしないといけませんが、中には理不尽な理由で怒るお客さんもいます。

営業をする人であれば、ある程度は「スルースキル」も必要になってきます。

中には、クレームによって潰れてしまう営業マンもいます。理不尽なことに対して、無視できない人は営業をしていてもキツイかもしれません。

商品を自信を持って売れない

営業をして行く中で僕が大事にしていたのは、「自分が扱っている商品への確信」です。

自分が扱っている商品に自信がなければ、お客さんが迷っているときに、最後のひと推しができません。

まずは、自分が扱っている商品がどんな人にどのように役立つのかを考えてみましょう。また、自信が持てないのはあなたの思い込みの場合もあります。

あなたの会社で営業で結果を出している人がいれば、その人から話を聞いてみるのも一つの手です。僕も一時期自分が扱っている商品に自信が持てない時期がありましたが、結果を出している友人に話を聞いたところ

「この商品にそんなメリットもあるのか!」

ということもありました。

商品に自信がなくなったら自分だけで考えず、周りに相談してみましょう。

ノルマに追われたくない

営業をやっている人の中でもっとも多い悩みは『ノルマ』ではないですよね。

ノルマとは、毎月いくら売上をあげなければならないのか、何件の契約を取らなければならないのかという目標のことです。

ハムジ
営業が得意な人や好きな人にとっては、ノルマを課せられることによってやる気が出たり、気持ちが引き締まったりすることもあります。

しかし、人によってはノルマが負担になったり、ストレスに感じたりすることもあります。

ノルマとうまく付き合って行くことも営業でうまく行くか、苦痛に感じるかの分かれ目になります。

上司に詰められたくない

人間関係のところでも書きましたが、営業では特に上司からのプレッシャーを感じることも多くあります。

僕自身、ノルマに達していない時や、結果が出せなかった時に上司に詰められて、さらに営業がいやになることもありました。

あまりにもひどい場合や、社内で退職者が多く出ている場合には、あなただけでなく「パワハラ」などの可能性もあるので対応を考えてみてもいいかもしれません。

経費がかかりすぎる

僕が営業をしている中で、実は一番大変だなと思っていたのが『経費問題』です。

お客さんとの打ち合わせなどで、カフェに行った時のコーヒー代も1.2回なら大したことはありませんが、回数が増えると結構な金額になります。

また、お客さんとの接待も経費で落とせればいいのですが、どうしても色々と雑費がかかる場合もよくあります。

経費の削減も確定申告などをうまく使ってやっていきましょう。

営業を続けるために大切なこと

右肩上がりの矢印

では、営業を続けていきたいと思っている人に知ってほしいアドバイスもまとめていきます。

ここにあることを少しずつ改善して行くだけでも、営業の仕事が今までと全く違うものとして捉えらえるかもしれません。

ノルマの捉え方を変えてみる

営業をして行く中で、ノルマはマイナスに捉えられがちですが、実はノルマをうまく活用してキャリアアップを図っている人もたくさんいます。

僕も営業を始めた当初は、ノルマを負担だと捉えていました。

毎月月末にはノルマに追われて憂鬱な気分になっていましたが、ある時から捉え方を変えることで、その負担をエネルギーに変えていけるようになりました。

ノルマに苦しんでいた頃は、目の前にあることを必死でこなして行くだけでした。

しかし、ノルマをゴールだと捉えてそこから逆算することにより、いつまでにどれくらいの結果を出しておかないと行けないかが明確になり、目標を細分化できるようになりました。

また、ノルマを必要以上に追いかけている場合もありますが、ノルマとうまく付き合っている人は、「1つの指標」くらいにしか捉えていません。

仕事に手を抜くことはもちろんダメですが、必要以上にノルマに縛られる必要はないので、もう少し気楽に捉えてみるのもいいかもしれません。

クレームが起きる場合は、話し方を見直す

クレームが多発する場合は、商品ではなく話し方に問題がある場合もあります。

例えば、自分の説明不足からお客さんが勘違いを起こしてしまったり、誤解を生むような表現をしてしまっていることはありませんか?

営業をかけている最中は、その内容に夢中になってしまいがちですが、一度客観的に自分の営業の内容を見直すことで気づけることもあります。

僕がやっていたのは、自分の営業をボイスレコーダーで録音してそれを聞き直すという方法です。

録音を聞きながら、自分で気づいた点などを改善して行くとクレームが出ない営業ができるようになりました。

やらないことを決める

ノルマについてもそうですが、営業で苦しんでいる人の多くは必要以上に色々なことに義務感を感じて動いている人です。

もちろん、必要最低限やらないといけないことはありますが、もしも無駄に感じていることがあるならば一度省いてみるのも一つの手です。

もしも省いてみて必要だと思うなら、また元に戻したりすることも必要です。

営業の中で「今までこれをやってきたから」と同じことをやっていては、それ以上結果が伸びることはなりません。

思考停止の状態に陥ってしまっているのであれば、もう一度必要なことと必要でないことの整理をして、自分の営業スキルをアップデートしていきましょう!

自分の成長ポイントを見つける

営業という仕事をして行く中で、自分が成長できるポイントを探して行くことで、仕事への充実感や満足度が変わることもあります。

・お客さんとのコミュニケーションのスキルをつける

・お客さんからの信頼を勝ち取る

・契約件数をあげるために試行錯誤する

・後輩の育成に力を入れる

などあなたを成長させてくれる色々なポイントがあります。

あなたの中で、自分が成長できるポイントを探して、そこにフォーカスして仕事に取り組むと、今までとは違った捉え方ができるのではないでしょうか?

楽しいと思う瞬間を見つける

仕事をして行く中で、「達成感」というものはとても重要です。

僕の場合は、契約をしたお客さんから「契約してよかった!」という声をもらうときにもっとも達成感を得ることができます。

営業という仕事の中で、達成感を得られる瞬間を見つけて、どのように動けばその瞬間をより多く味わうことができるかを考えると仕事が楽しくなってくると思います。

また達成感を得ることにより、自分の仕事に対して誇りや自信が持てるようになり、より結果に繋がりやすい精神状態を得ることもできます。

営業に向いていない人

僕が今までいろんな人をみてきた中でも、やはり営業に向いていない人はいくらかいました。

そのような人たちには、どのような共通点があったのかをまとめてみました。もし「向いていないな」と思うのであれば、別の仕事や業種を考えるのも僕はありだと思っています。

今までに「自分は営業に向いていないんじゃないかな」と思ったことがある方は参考にしてみてください!

プライドを捨てられない

ハムジ
営業をして行く中で、プライドが捨てられない人はなかなか結果が出ていないというのをよくみてきました。

営業で結果を残そうとすると、泥臭い努力を重ねて行く必要があります。もちろん、これは営業だけじゃなくて、あらゆることに言えることですが。

泥臭く頑張るのを人に見せたくないとか、思っている人はなかなかプライドを捨てきれず周りからのアドバイスに耳を傾けられなくなったりします。

営業で大事なのは、プライドの高さより売上の高さです。

このプライドが捨てられない人には、営業は向いていないかもしれません。

人と話すことが嫌い

営業は物を売る仕事ではなく、自分を売る仕事だと前述しましたが、自分を売る中でもっとも大事なのはコミュニケーションです。

人と話すことが嫌いな人、人の話を聞くのが嫌いな人にとっては、営業職は苦痛かもしれません。

ストレスを感じやすい

営業では、ストレスを感じる場面が他の業種に比べて圧倒的に多いです。

お客さんからの無茶な要望や理不尽なクレームをもらったり、上司からのプレッシャーなど、人と接することが多い分ストレスを感じることが増えます。

ストレス耐性が弱い人には、営業は向いていないと言えます。

目標を追うことが嫌い

営業では、常に結果をみられます。

そのため、まずはあなた自身が自分の目標を追えないと、設定された目標を達成することはありません。

目標を追うことが嫌いな人にも営業は向いていないかもしれません。

ただ、目標の追い方がわからないという場合には、トレーニング方法はあるので、改善の余地があります。

辞めることは恥ずかしいことでも悪いことでもない

仕事を辞めたり転職したり、というのは今まではあまりいいことだとされてきませんでした。

仕事を辞めると、「逃げた」と後ろ指を刺されたり、罪悪感に刈られた経験がある人も少なくないと思います。しかし、辞めることは恥ずかしいことでも悪いことでもありません。

ハムジ
これからは、AIの時代になり、どんどん人の仕事がなくなると言われている中で、自分にもっとも適した仕事を探すことはとてもいいことだと思います・・・

そもそも、大卒などで就活をして1社しか経験がない、などと行った場合では、他の業種の経験がないため、今の仕事が自分にあっているのかどうかもわかりません。

今の仕事が自分にあっていないということが明確なのであれば、進むべき道を変えるのは前向きな選択です。

資格も強みもない・・・そんなあなたが取るべき対策

「辞めると言っても資格も強みもないし…」という方は、まずは自分の今までの経験や自分では気づいていない強みを見つけましょう。

これを一人で見つけて行くのは難しいと思うので、転職エージェントなどをうまく活用するのもありですね。

転職エージェントとは、その人の今までの仕事の内容や経験をヒアリングして、あなたに適した仕事や会社を一緒に探してくれる人たちです。

また、仕事をしながらの転職活動はとてもハードですが、そう言った面でもサポートをしてくれます。

もう一つの手段としては、独立もあります。

営業で独立をする場合には、売るもの(商材)を確保しなければなりませんが、サラリーマンと違って営業から上がる利益の取り分は当然大きくなります。

「独立もありだな!」と考えている人にぜひ頭に入れておいて欲しいのが、退職後のプランを常に頭にいれておくことです。

独立をした場合、会社という看板が無くなります。お客さんとの信頼関係がしっかりとできていれば、会社の看板がなくとも取引をして行くことが可能になります。

なので、今から会社の看板がなくとも残る人脈を作っておく必要があります。また、今の会社で飛び抜けた実績を作っておいたほうがいいでしょう。

もちろん独立後に肩書きとして過去の実績が使えるというのもありますが、それ以上に、実績を作らなければいけないと思うと、どうやったら実績が作れるかを試行錯誤します。

実はこの試行錯誤の過程が重要になるのです。独立をすると、今と周りの環境が代わり、今までと同じ様にやっても結果が出ないということは多々あります。

その中で飛び抜けた実績というのは、あなたに自信をもたらせてくれます。独立も選択肢にあるなら、まずは今からでもこの2つを意識して仕事に取り組んでみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか?営業職で多い悩みや辞めたい理由を細かく分解して解説してみました。

営業職を今後辞めたい人や、まだ頑張っていきたいという人にとって、今後の参考になれば幸いです。

 

LINE@を追加してクローズドな情報を受取る

ブログだとネットで誰でも見れる内容しかかけないので、LINE@でネットではかけないクローズドな情報を発信しています。

・ブログ更新情報
・稼いでいくための正しい情報
・ビジネスのお役立ち情報
・ハムジの事業紹介
etc...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です