【仕事をやめたい人へ】やめたいけど言えない理由と言い方

【仕事をやめたい人へ】やめたいけど言えない理由と言い方

「仕事やめたいなあ・・・」と思っている社会人の方の話は、僕がビジネスを初めてから何度も聞いてきました。ですが、辞める人って意外とかなり少ない気がします。

辞めたい。辞めたい。と言ってるけど、辞めると言えない人は多く、辞める人は少ない。まあ、何においても行動する人の割合は少ないものなのですが、結局やめない人の理由で一番よく聞くのが、

「辞めたいけど、言えない」ということみたいなんですね。なるほど。となるわけですが、言えないと何も始まらないみたいなところも結構あります。

今日は、そんなあなたのモヤモヤを整理できればと思って記事を書いています。言えないで終わらず、言ってやろう!ぐらいまで言ってほしいですし、そうでなくともモヤモヤしたものをいろいろと解消できればと思います。

なんで仕事を辞めたいのか理由を考える

なんで仕事を辞めたくなっているのか、一度よく考えてみてください。やり方としては、

まず、辞めたい理由を列挙して書き出す。

その次に、辞めたい理由が強い順に並べる。

ということをしてみてください。そうすると、理由が強い順に言語化できるので、辞めたい理由が明確になります。意外と、辞めたいと言ってるのに、

理由があまりちゃんとしていない人や、なんとなーくな人も多かったりします。まず、辞めたいのであれば、理由はきちんと把握しておくべきですし、

自分が今後仮に別の仕事をしていくとなったとしても、その理由は活かされるかと思います。要は、同じことを繰り返さないような環境で仕事をすればいいわけなので。

また、辞めたい理由を列挙してみる際に、意外と出てこなかったら、多分そんなに辞めたくないんだと思います。それはそれでいいことだと僕は思います。

でもその場合は、辞めたい辞めたいと思っているとナーバスになって、メンヘラになるので、気分転換することがとても大事だとは思います笑

結局、辞めたい場合、理由を明確にしないとどうしようもありません。理由が明確になった次にやることとして、自分のこの先のことを考えてみるということが大切です。

自分は将来どうなりたいのか?

仕事を辞める辞めないという話は抜きにして、自分は将来どうなっていきたいのか、どうしていきたいのかを考えたことはありますか?

ハムジ
そんなん就活の時しか言ったことないわ!

とか言われそうですが笑

ですが、それって結構僕は大事だと思っています。仮に仕事をやめてフリーで仕事をしていくとなったとしても、自分の方向性がないと仕事は以外と振ってきませんし、取れません。

また、転職活動をするとしても、そういう質問は山のように浴びせられる可能性が高いわけです。そして、仕事をやめたいと思う人は、おそらく今の職場での業績はいいほうではないかと思います。

なぜなら、うまく行っていることをやめようやめようと思う人は少ないですし、その人がやめようと思ったら、多分すぐやめるぐらいの度量があるはずなので。

そして、辞めたいと思うあなたが、その職場で働く未来を見失っているはずなので。

だからこそ、意外と大事なのが、自分は将来どうなりたいのか。ということなのです。これを考えることが、意外と、辞めるための第一歩みたいなところに位置するのです。

仕事以外のことに目をそらしてみる

もう一つ、大切なのが、「仕事以外のことを考えてみる」ことです。辞めたいと思っている時、仕事のことで思いつめているのかもしれません。

ですが、一度嫌なことを考え出すと、嫌なことで頭がいっぱいになります。そんな時こそ、リフレッシュの意味も兼ねて、仕事以外のことを考えてみることがとても大切です。

仕事以外のことは、もしかしたら、上にかいた、自分の将来のことかもしれませんし、自分の趣味や友人、恋人の事かもしれません。

なんでもいいです。なんで仕事以外のことを考えないといけないのかというと、仮に仕事をやめたら、いま考えている嫌なことは一応消えるわけですが、

あなたの人生そこで終わりというわけじゃないですよね。仕事を辞めるということは、仕事以外のことがあなたの生活の中で重要なパイを占めるわけです。

そこをほったらかしにして仕事をやめたいやめたいと思っていても、前に進まないのは当たり前なわけです。大事なことは、仕事以外にもたくさんあります。

仕事をやめたいと思う時こそ、仕事以外のことを考えることが重要になってきます。

「やめたい!」と言えない理由集

辞めたい!と強く思ったとしても、辞められない理由があります。それは、辞めたいと言えないということです。では、なんで辞めたいと言えないのかを見ていきましょう。

引き止められそうと思っている

辞めたい!といったら真っ先に来そうなのが、「引き止められる」ということです。まあ当たり前なのかもしれませんが、人はやめようとする人を引き止める傾向にあります。

部活とかサークルで辞めると言っても、辞めれない。だから幽霊部員として消えていく。みたいな人が必ずいたのではないかと思います。

ですが、さすがに仕事ではそれはできないですよね笑

辞めます!と言う時に、引き止められない理由や、引き止めたら相手にとって良くないであろう理由を考える理由があります。もしくは、それなら辞めてもいいよ。みたいな理由を用意する必要があります。

言えない理由を考えている

これもありがちです。「引き止められそうだから・・・」とかそういうことを考え始めてしまうと、いつまでたっても辞めたいということができません。

できない理由を考えるぐらいなら、やってみたほうがいいと思いますし、むしろ言った後にどうなるのかを考えて、言い負かすぐらいのテンションでやってみてください。

言ったら人間関係がおかしくなりそう。ともう人もいるかも知れませんが、中途半端な感じで言うとそうなると思います。でも。しっかりした意思があるのなら、別に人間関係が崩れるなんてことはそうありません。

まわりの人のことを気遣っている

上に書いたことと似てきますが、まわりの人を気遣う必要もあまりありません。自分が将来、今後どうしていきたいか、どうなりたいか。が一番大切なのです。

自分の人生は自分で決めるものです。他人が決めるものではないですし、そこで他人を気遣う必要はあまりないです。自分が辞めたいと思うのならば、

その意思をしっかりとぶつけていくことが大切になってきます。

辞めた後のことを考えていない

辞めた後にどうするか、考えられていないのであれば、確かに辞めにくい現状もあるかと思います。辞めた後のことを考えるということは、

引き止められたときの対策としても使えますし、何より辞めた後の生活を決めることができるわけです。考えなしに辞めるのは、別に悪いことではありませんが、一定のリスクはもちろん伴います。

辞めた後にどうするのかを考えてみると、それが理由だから辞める。という言い方ができるのもポイントかと思います。

実はそんなに辞めたいと思ってない

ハムジ
意外とありえるのが、ナーバスになっているだけで、実はそんなに辞めたくないという状況です。笑

うまくいかないことが続いて、上司に怒られ、悲しくなっているだけなのかもしれません。

できない自分を攻め続けても、一方的にナーバスになるだけです。そういう時は、正直に信頼できる人や、上司と腹を割って話してみることが非常に大切です。

そうするだけで、自分のモヤモヤした部分が消せる場合も多いです。

辞める前に副業してみる

すぐに辞める!と言ってしまう前に、同時並行で副業を初めてみるのもいいかもしれません。アフィリエイト、コンテンツ販売、ライター、ちょっとしたサイドワークなど、できることって意外とたくさんあります。

辞めた後のことを考える一貫として、いろいろチャレンジしてみるといいかと思います。そして、結果がでそうであったり、利益が見込めそうになったら、仕事を辞める。という考え方もありです。

辞めて起業を決意する

もしくは、思い切ってフリーランスや、事業主として、起業家として生きることを決めるのもいいかと思います。そういった人も最近は多いようです。

僕は学生時代に起業したので、仕事をやめて起業をしたわけではありませんが、僕の周りにも。ネットで7万稼げたから独立した人や、営業の仕事がきつすぎて辞めて、

プログラミングスクール生になって、その後起業した人とか、探せばいろいろいます。仕事を辞めて起業するなんて、普通の人からしたらありえない話ですが、

最近は増えていますし、ブロガーみたいな人も増えているので、今後も主流になっていくビジネススタイルなのかもしれませんね。

まとめ:行動することが解決策

仕事を辞めたいけど言えないというテーマについて書いてきました。まずは、なんで辞めたいのか、将来どうなりたいのか。しっかり考えてみてください。

今回書いた内容でわりとモヤモヤした部分を言語化できたらいいなとは思いますが、結局のところ、行動しないと始まりません。これを機に自分で副業してみたり、独立することを考えてみるいい機会になればとは思っています。

LINE@を追加してクローズドな情報を受取る

ブログだとネットで誰でも見れる内容しかかけないので、LINE@でネットではかけないクローズドな情報を発信しています。

・ブログ更新情報
・稼いでいくための正しい情報
・ビジネスのお役立ち情報
・ハムジの事業紹介
etc...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です